活動内容

発達障害に精通した児童精神科医・臨床心理士の養成

発達障害に精通し正確な診断、適切なアセスメントを行い、支援につなぐことができる児童精神科医や臨床心理士などの専門家を養成することを目的としています。講演会やワークショップなどの研修を随時開催しております。

公開講座に関してはこのホームページ上で案内させていただきます。

 

発達障害児の早期発見システムの構築

現行の健診システムでは、3歳児健診の後、就学直前に行われる就学時健診まで児童全体へのチェックが行われていません。このため、明らかな発達の遅れが認められない発達障害に関しては、就学後に問題が顕在化して、不適応を起こすケースが問題となっています。そのいったケースでは、二次的に心理的な問題を合併し、支援が困難となることもしばしば見られます。文部科学省の調査(2012)では、通常学級に在籍する小学生の7.7%に発達面の問題が認められるとされており、学校現場でも大きな問題となっています。

こうした問題に早期に対処するために、近年各地で5歳児健診が行われていますが、その意義や効果についての実証的な研究は十分ではないように感じられます。本研究グループでは、平成20年度より愛知県蟹江町で行われている、5歳児健診を中心とした幼児期から児童期に向けた発達支援事業に協力し、その効果を評価・検討するための研究を行っています。

 

特別支援教育の実施を推進する

特別支援教育の実施に関しては、学校と児童精神科医や臨床心理士などとの連携が必要です。本事業では知多市教育委員会と協力して、平成20年度より小学校に特別支援相談室(にじいろ教室)を開設し、認知や発達の偏りに起因する、学習に支援の必要な児童およびその保護者に対して、臨床心理学的な評価を踏まえて、発達相談や学習支援活動を行ってきました。また、小学校への巡回訪問を通じて、教員へのコンサルテーション活動を行ってきました。その実践活動の結果から、教員および保護者の支援ニーズや学習支援の効果等について、検討を行っています。

 

発達障害に対する指導法および教材の開発

LD(学習障害)などの発達障害のある子どもたちには、学習上の困難が見受けられます。それらの困難に対しては、一人一人の認知的特性に合わせた学習指導・学習教材が必要です。

特別支援相談室(にじいろ教室)の学習支援活動で用いた指導法・指導教材を中心に、学習に支援の必要な児童に対する指導方法・教材のまとめを行っています。

また、学習障害児を発見するためのスクリーニングツールを開発し、それを用いた実践・調査を行ってきました。

 

モンゴルにおける発達障害児への支援

モンゴル国では、発達障害児の発見、診断、評価、支援に至るまでの様々な面で、社会資源が十分ではありません。たとえば、「発達障害を診断できる医師がほとんどいない」「知的レベル・適応レベルを評価するための標準化された検査が整備されていない」「発達障害も含めた子どもの精神的な問題を相談できる専門家が育成されていない」「特別支援教育のカリキュラムが整備されていない」「発達障害児がどのくらい存在するのかが把握されていない」といった深刻な問題が存在しています。

このような状況を踏まえて、モンゴル国立教育大学との共同研究として、モンゴル国における発達障害児の特別支援教育システム構築に関する研究・支援を、行っていきます。

 

ペアレント・トレーニング

ペアレント・トレーニングは、ADHDなどの発達障害を持つ子どもたちの行動を理解して、適切な関わり方を具体的に学習・練習して身につけることを通して、より良い親子関係作りと子どもの適応行動の増加を目的としたグループセッションの形式の治療法です。平成21年度より毎年、発達障害児の保護者を対象に東山キャンパスで、ペアレント・トレーニングを行っています。

Top