『お子さんとのより良い関わりを学ぶためのペアレント・トレーニング』参加者募集のお知らせ

平成29年5月から9月に「ペアレントトレーニング」を行います。ペアレント・トレーニングはADHDなど発達障害を持つ子どもたちの行動を理解して、適切な関わり方を具体的に学習・練習して身につけることを通し、より良い親子関係作りと子供の適応行動の増加を目的としたグループセッション形式の治療法です。

申込締切は平成29年3月14日(火)です。 ただし、定員になり次第、締め切ります。

≫概要資料

申込み希望の方は以下のフォームよりお申込みください。

≫参加申込書

 

※定員となりましたので募集を終了しました。

報告会・講演会のおしらせ

文部科学省事業「発達障害に関わる教職員育成プログラム開発事業」の成果報告会および記念講演会を開催します。

 

日時:2016年12月17日(土)13:00-16-:45(開場 12:30)

場所:名古屋大学 IB電子情報館 大講義室(東棟2階)

対象者:主に中学校・高等学校・特別教育支援学校の教職員、発達障害支援に関わる方

参加費:無料  定員:200名

 

≪第1部:成果報告会≫13:00-14:00

「発達障害に関する教職員育成プログラム開発事業」成果報告  

 酒井 貴庸 (名古屋大学大学院教育発達科学研究科 特任助教)

 

≪第2部:記念講演会≫14:10-16:20

「発達障害の方の就職支援」 榊原 昌子氏 (名古屋中公共職業安定所 若年求職者担当次長)

              福崎 守氏(愛知労働局 職業対策課 課長補佐)

「学生相談からみた大学進学の課題」鈴木 健一 (名古屋大学心の発達支援研究実践センター 教授)

 

≪質疑・応答≫16:20-16:45

>>概要資料

お申し込み・お問い合わせ

名古屋大学心の発達支援研究実践センター第1プロジェクト室

mail:hattatsushien@educa.nagoya-u.ac.jp

 

公開レクチャー『つまずきの原因の理解と対応ーWISC-Ⅳと実践の橋渡しー』」

WISC-Ⅳ日本版の開発者のお一人である大六一志先生をお迎えして公開レクチャーを開催します。

 

テーマ:つまずきの原因の理解と対応―WISC-Ⅳと実践の橋渡し―

講師:大六 一志 先生(臨床心理士)

日時:12月11日(日)9:30-17:00

場所:名古屋大学 IB電子情報館1階 015講義室(定員60名)

受講資格:臨床心理士および臨床心理士養成大学院生

受講料:無料

 

受講ご希望の方は hattatsushien@educa.nagoya-u.ac.jp (担当;井芹)宛にメールでお申し込みください。なお、件名には「WISC-Ⅳ公開レクチャー申込」、本文にはお名前とご所属をご記入くださいますようお願いします。定員がありますのでお早めにお申し込みください。

 

※定員となりましたので募集を終了しました

 

Top